Do anything better late than never

MAKI BOLG

自己啓発

【宇宙の流れに任せるとこんな恩恵が??】引き寄せの法則を超える法則

どうも、まきです!(Twitter:@makiooo1_

本日も書評です。本のタイトルは「宇宙は逆さまにできている 想像以上の恩寵を受け取る方法」(著者:大木ゆきの)です。

みなさんは一度は聞いたことがある「引き寄せの法則」。

実際はどうやったらいいかなどはいろんなサイトがあります。

ですが今回のご紹介する「宇宙は逆さまにできている 想像以上の恩寵を受け取る方法」ではそれを超える方法があるとのことです。

ではどうやって引き寄せの法則を超える恩寵を受けれるのでしょうか。

本を読んでもわかりずらかったので、自分の言葉にしてまとめちゃいますね。

宇宙の恩恵を受けるには1:宇宙の法則をしる

参照:真実の引き寄せの法則

宇宙規模で説明するとなかなか理解しにくいところはあるかと思います。

ですが今回は宇宙は神様として捉えてください。

神様はみなさんに平等であることも頭に入れてください。

それを念頭に話を進めて行きます。

宇宙には足りないものはない

まずはこれを話す前に宇宙ができた仕組みから話していきます。

宇宙が誕生したのは”ビックバン”からと言われています。

そこから宇宙は膨大し、恒星、惑星、衛星が生まれて人間の私たちが生まれてきました。

恒星ができる仕組みや、人間がどのように生まれてきたのか細かい説明は省きます。

ここで考えてほしいのは宇宙は私たち人間の祖先なのです。

宇宙があって人間が生まれたのです。

宇宙と人間の違うところは人間は常に何かと戦っています。

「〜がない」「〜が足りない」を認識して日頃から葛藤してます。

ですが宇宙はどうでしょうか。

何かがないと悩んでいるのでしょうか?

そうなんです、科学者は宇宙の謎を解き明かさとうと日々研究していますが、宇宙にとっての問題点までは取り上げたりしてません。

むしろ問題点がないのです。あったとしてもそれは人間目線なだけ。

なので宇宙にとって問題などないのですから、その子供である私たちも本来は問題などないわけなんです。

勝手に問題視しているだけなのです。

それに気づかないといけません。

宇宙は不可知である

研究者は日々宇宙についての謎を解きあかそうとしています。

人類が足を踏み入れた星は月のみです。

人工衛星などを使ってはいろんな星を調べることはできますが、足を踏み入れたところは月だけです。

膨大な広さをもつ宇宙を全部知ることは不可知といっても過言ではないと思います。

人は何でもかんでも根拠や理由を求めますが、宇宙は進むべきところに進んでいるだけなのです。

人間の祖である宇宙が進むべき道に進んでいるので、私たちもその道のりに逆らわずに進むのがいいわけなのです。

なんでもかんでも知るっていうことは、宇宙が進む方向とは違う方向に進んでいるということ。

なので流れに身を任せるということが大事なのです。

宇宙の恩恵を受けるには2:怖れの正体を知る

参照:怖れを乗り越える方法(1)~考え方のクセを見直してみよう~

怖れをしる前に、先ほどお話した内容で重要なことを理解していただかないといけないことがあります。それは、、、

宇宙に流れに身を任せること

これを前提に怖れの話をしていこうと思います。

怖れとしっかり向き合う

なぜ怖れを私たちは感じるのでしょうか。

それは生き延びるためです。

恐れとは、生き延びるために必要な本能で自分を責めることが必要はなのです。

ですが今は生き延びるために必要だった本能がしっかりと機能してません。

今私たちが感じている怖れの本質をしっかりと理解し向き合うことができたら、宇宙の流れに身を任せてうまく進んでいけるとのことです。

では、現代あなたが感じている恐れとはどういったものでしょう。

例えば、テストであなたは受からないといけない場面にあったとします。

ここで怖れるのが落ちてしまったらどうしようということです。

ですがこれは本当に怖れている事なのでしょうか。

生きる延びるために怖れを感じるのに、テストに落ちたら死んでしまうのでしょうか。

そんな事はありません。その怖れは幻想でしかないのです。それにしっかりと気づかないといけません。

幻想としったら、「どうして自分はここまで怖れているのだろう」と向き合って行くことが怖れをうまく利用できます。

怖れをうまく利用するには

恐れは執事であって、主人ではありません。

まずは何に怖れているのかを明確にしていきます。

「お金がなくて本当にまずい、、」

これを怖れに感じているとします。

しかしこれは本当にまずいことなのでしょうか。

実際社会的にまずい状況なのかもしれませんが、冒頭で言ったことを思い出しましょう。

「〜がない」と認識した時点で、あなたは宇宙の法則から外れているのです。

”ないと認識している”からどんどんなくなっていきます。

なのでそれ自体が本質的に間違っています。

それに気づいたら、次は”お金はある”と思います。

でも実際必要なのは変わりありません。

怖れは実は行動しないと膨らんでくるものなので、あとは行動していくのです。

実はこれだけなのです。振り切ってさっさと行動するのが宇宙の法則に従っていて流れに身を任せられている状況なのです。

宇宙の恩恵を受けるには3:逆転の発想

本書ではこの「逆転の発想」が一番の引き寄せの法則と言っています。

望まない、願わない、宇宙の法則に乗っとるだけで自然とうまくいく。

何かを望む・願うっていうことは、自分に「ない」を自覚していることでもあります。

しかし宇宙は「足りないものはない」のだから本当は足りないのはないのです。

逆に「〜がある」と認識していると、「〜がある」って方向に進んでくれるのが本来の在り方なのです。

例えばよく陥りやすいお金について、

「○○円しかない!」と思うよりかは「○○円もある!」と思うとどんどんお金は入ってくるとのことです。

自分は宇宙から生まれた最高傑作なのです。宇宙はあなたをこうに陥れたいのではありません。

だからほとんどのことで同じことが言えます。

人間関係の信頼であれば、

偽りの自分を見せたところで人の信頼は獲得できないし、かつ自分が「〜でないといけない」とまた自分に”ない”ものを想像しているので宇宙の流れに反してます。

ですが全て”ある”と思うにはトレーニングが必要です。

逆転の発想トレーニング

本書で提案するおすすめのトレーニング方を書いていきます。

寝起きに「私はありのままで完全です」と唱える

寝ぼけている時が一番潜在意識に浸透しやすいのでおすすめとのこと。でもいつやってもいい時間があるとき。

宇宙に向かって両手を上げて「ありがとう」という

あなたが宇宙に対して感謝を伝えれば、ますます宇宙の流れに沿うことになります。

困ったら「大丈夫。絶対なんとかなる」という

宇宙には問題ってそもそもないのだから根拠がなくてもOK!

電車に乗ったら全ての乗客に愛のパワーを流す

今日から自分の目に入った全ての人へ祈りを捧げる

「十秒間」無になってみる

10秒と言わず、1日10分でもいいから無心になってみることが大事とのことです。

宇宙になんでも気軽に問いかけてみる

挨拶でもなんでもいいから宇宙に話しかけ。問いかけをしてみる。

いつもとは違う道で帰ってみる

いつもとは違うことをするのが大事ってこと。しかも遊び感覚でやることが大事です。

誰かにプレゼントをする

豊かさとは喜びであり愛のことなのである。だからこれを誰かに渡すことでエネルギーの循環になる

日常のありがたさを考える

常に自分たちの周りには恵まれていることがたくさんある。電車に乗れること、知り合いに挨拶をしてもらえること、呼吸ができること。常日頃から恵まれていることを感じて生きていく。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

自分なりに解釈して書いていきましたが、理解しにくいと思ったからはぜひ本を読んでみてください。

宇宙とは私たちの祖先であり親でもあるのです。

なので私たち親は正しい方向へ案内してくれます。

そのため、「宇宙の法則」「怖れの本質」「逆転の発想」をしっかりと理解することが本来私たちが進むべき道を歩むことなのです。

人間は考えてしまう生き物ですが、流れに身を任せることが一番なのです。

「なんとかなるさ」って言っている人って実はこの宇宙の法則などに従っている人なのかもしれないですね。笑

しっかりの自分がいかに宇宙の法則に反している行動をしているかを認識したら今日から変えていきましょう。

今日はここまで。

では。

-自己啓発

Copyright© MAKI BOLG , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.