Do anything better late than never

MAKI BOLG

仕事

相手先に申し訳なくて営業できない。

こんばんわ、まきです。

 

今日は「営業に倫理感は不必要」についてです。

 

営業として会社に入社し

もう独り立ちした方やまだ先輩社員と一緒に営業している方

様々かと思います。

 

僕はフリーとしてクライアントに商品を提案したりしますが

始めた当初は、なんか商品を提案するのが億劫でした。

 

「断れたら嫌だな」

「この人にとってメリットのある商品なんだろうか」

 

様々な考えが出てきて、提案することすらもできませんでした。

 

みなさんもこういったことあったりしましたでしょうか。

特にはじめの頃は自信もなく、なかなか言いにくい場面もあったかと思います。

 

でも今日からそんな気持ちは捨ててしましましょう!

と言いたいです。

 

みなさんが扱っている商品は劣悪な商品なのでしょうか?

そんなことないですよね?

 

誰かの不満を解消するために作られたもの・商品・サービスです。

 

自分が申し訳ないとか思っている時点で

その商品価値を理解できていないかもしれません。

 

まずは自分が扱う商品を理解しましょう。

 

そしたら自分が扱う商品のいいところが見えてきて自信持って提案できると思います!

 

ですが一点大事なことがあります。

 

それは、どうやって売るか・そうやってこの商品を相手のメリットにするかを考えること。

 

え?何いっているの?

商品は相手のためにあるんでしょう?相手のことを考えないで売るの?

 

はい。そうです。

おっしゃる通りです。

ですが論点が違います。

 

僕が言いたいのは、お客様は自分のWantに気づいていないことが多いのです。

 

みんな何かしらの不満はあります。

それを自分で考えないようにしてます。

つまり、見て見ぬふりをしていることが多いのです。

(Wantを作ることもできます。)

 

そこに気づきにづいたら、あとは簡単。

 

「あなたの欲しいのはこういう商品じゃないんですか?」

 

と、いうだけです。

(言い方は状況によって変えるべきですが)

 

そしたらクライアントは自分の話をしっかりと聞いてくれます。

今の時代はニーズより、ウォントを求めますので。

 

あとはわかりますよね?

 

まとめます。

 

クライアントに申し訳ないと思っている時点で

すでに負けてます。

 

なんども言いますが、お客様は自分で自分のWnatに気づいてません。

 

なのでトンチンカンな提案をしなければ、多くは売れるはずです。

(100%はありえませんけど。。)

 

なのでこの人のWantはなんだというリサーチをすれば

倫理感とか出ないはずなんですよね。

 

だってその人のためだもん。

 

これもあくまでも参考ですが、

ぜひ倫理感は捨てて自信を持って提案しましょう。

 

まずはリサーチからですよ。

 

今日はここまで。

では。

 

-仕事
-, , , , ,

Copyright© MAKI BOLG , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.